甘さとスッぱさと ... 素肌にシャツを着て12
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< 素肌にシャツを着て13 main 素肌にシャツを着て11 >>
素肌にシャツを着て12
2016-09-02-Fri
「行ってらっしゃいませ。」

NY道明寺邸。

深くお辞儀をして女主を送り出す。

50代半ばの執事の男は、この邸の主とその息子の昨晩の様子を思い返していた。

息子が母親の書斎で話をしたようだ。

会話は、ほんの数分だっただろうか、部屋を出てきた息子は、ニヤリと笑っていた。

そして、今朝の女主の様子ー

鉄の女の顔だったが、いつもと何かが変わっていた。機嫌が良い、ということでもなさそうなのだが、何かあるのだろうか?

この親子は、仲が良いとは言えない。しかしながら以前の様な緊張感はなく、仕える身としては、気にはなるものの口に出すことも出来ず、ただ嵐の前の静けさでなければ良いことを願っていた。

*******


2ヶ月後、

司は、成田国際空港に降りたった。

空港内は、多くの報道陣が待ち構えていて、美貌の御曹司へと多くの質問が飛ぶ。


「道明寺さん、4年ぶりの日本はどうですか?」

「日本本社では、専務となると伺ってますがー、お声をお聞かせ下さい!」


質問には一切答えず、司はSPに護られ進んでいく、


「4年前約束した女性を迎えに行くのですか?」

その質問に、取り囲む報道陣はカメラのフラッシュを強く浴びせる。

しかし、司は答えない。表情も前を向いたまま無表情だ。

*******


その様子をテレビでタマが見ていた。

「何を考えてらっしゃるんだろうねぇ…奥様のような顔して、坊ちゃんらしくありませんよ。」


↓ランキングに参加してます。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

第ニ章言いたくなければ言わないで① cm(2) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

わーい\(^o^)/
コメントありがとうございます。

昨日は2回投稿したけど、内容的に反応は薄いだろうなと思ってさみしかったです。

この後、投稿しますがいちゃこらしていきますよー

で、寝落ち分かってくれるのも嬉しい!
\(^o^)/

実は昨日も、、
おまけにRを書いてたんですよ。
だからかなぁ?

また言っちゃった。
そこはあんまり期待しないで下さいね。

lemmmon
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/15-e6be29f1
| |