甘さとスッぱさと ... スッピン24
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< スッピン25 main スッピン23 >>
スッピン24
2017-01-14-Sat
メープルのバーで牧野と司に会ってから俺は落ち着かない。

司の独占欲は今に始まったことじゃないのに苛立ってしまう。

そのことが予想外だったからだろうか、、

確かに牧野に関する司の話を聞くのも7年ぶりだ。

免疫が切れたのか?

前は何度もそんな話を聞いていた。だから直ぐに対応出来た。

小気味良いテンポで司の独占欲話に正論で突っ込む。

それで何度も笑わせてもらった。



だけど、

あの時は司の話に突っ込む事も出来ず、ただムッとしていただけだ。

自分だけの紳士服のブランドだって?

自分だけ牧野にスーツを作ってもらおうって魂胆、ズル過ぎるだろ、、

俺だって作ってもらいたいよ。

総二郎やあきらだってそう思うはずだ。

結婚するのは仕方ないことだけど、2人で完結するのはどうなの?

牧野が居て変わったのはお前だけじゃない。

俺達にも牧野は必要だ。

牧野を中心にして俺達は笑いあっている。

2人が一緒になるのは理解出来ても、俺達を締め出すのは許せないな。



牧野と司は再会したばかりだと言ってた。

牧野の性格を考えたら結婚するのにもまた一悶着ありそうだ。

とはいえ司だって我慢の限界だよな。強引にでも結婚に持ち込みたいはずだ。

司のスーツを作っていたって言ってたな。

確か牧野は女だからと言う理由でスーツを任せてくれる客がいなかったはずだ。

なのに司のスーツを、、?

スーツをオーダーする客が付くようになったのか、それとも司が無理やりオーダーしたのか、、

・・・後者っぽいな。


でも客が付くようになったかもしれない。

藤岡社長に聞いてみよう。

牧野を贔屓にしていると報告書にもあった。彼なら知っているかもしれない。



だけど、

藤岡社長ははっきりとモノを言わない。

歯に何か挟まったような言い方だ。

もしかして司?

話の流れを強引に変え、司と会ったか聞いたら反応した。

クソ、、

司が手を打っていたのか、、



司に色々先回りされている気がする。


いや、、先回りされているんだな。

考えてみれば当然か。司は今や道明寺ホールディングスの副社長、しかも社長である母親が一線を退きぎみだから実質的にはトップなはずだ。

ガキの頃のようにバカ正直に真っ正面から攻めることもないだろう。

周りを固めているって訳か、、

この分じゃ、牧野と結婚するのにそう時間はかからないかもね。

入籍するならその日で出来る。

司の事だ前もって準備もしているだろう。



入籍したら、 流石に俺達に言うよね。

真っ先に言わないと納得できないよ?




・・・嫌な予感がした。

俺は牧野の周辺を調べさせた。

そしたら牧野はTSUGeを辞めていた。

それもついこの間だ。

入籍するから辞めたんだろうか?

それとも入籍したから辞めた?

辞めた牧野はどこにいるんだろう、、

そんなのは決まってる司のとこだ。

姿をくらましているなら今頃あいつは大騒ぎなはずだ。

だけど司からの反応はない。

牧野が側にいるからだ。




とりあえず様子を見よう。

いくらなんでも俺達を無碍にはしないはずだ。

冷静になれ、、




最近、俺はスマホばかり見ている。

便利なツールなのは確かだ。

スマホ依存なんて言葉もあるらしい。

だが、俺が見るのはほぼツイッターだ。

#道明寺司で何度も検索をかける。

司なら西田に命じて待つだけだろう。

だが俺は誰も信じてない。

チンタラする秘書なんて待ってらんないね。



すると、ツイッターが反応した。

#道明寺司日本武道館、、、?

どう言うことだ?

司、武道館に行ったの?

単なる視察?

でもSPの数が多い、、は、女のSP?!


女の方は牧野だな。

牧野絡みのSPだ。

司、入籍したね。

言わないの?

だったら聞きに行こうじゃないか、、

それとも、、聞きに来いってこと?

フン、

牧野を手に入れたとたんにコレか。

俺様全開って訳?

まぁ、お前が俺達のリーダーだったしな。






司の執務室に来れば、司は決済の手を止めない。

デスクの上の決済書、

数があればって訳じゃないけど、流石は道明寺だな。

ウチとじゃバックグランドが違う。


ソファに寝転び、いつもの俺を演出する。

部屋の中は司のページをめくる音と、ペンの動きだけ。



・・苛ついてきた。

立って睨みつければ良かったかな、、

待たされることの苛立ちを口にすれば、帰れと言う司。

上から目線が気に入らない。

言わないのが普通?

牧野が話したような言い方にさらに苛つく。

司は不敵な笑みを浮かべていた。

もしかして俺に喧嘩を売ってる?

今更仕返しでもしてる訳?



い、、や、違う。

余裕があるってことか、、



確かに俺もうかうかしていたみたいだ。


・・こんな差すぐに埋めてやる。


でも、それには牧野が必要なんだ。

お前だけのじゃない。

パートナーはお前だけど、お前ひとりに独占なんてさせやしない。



お前達がうまく行ったのは俺達がいたからだ。俺がいなきゃ、壊れていた関係だったはず、、

事実牧野は大学時代寂しそうだった。

そんな牧野を励ましたのは俺だ。

手を出すことも出来たんだぜ?

でもしなかった。

感謝されども無碍にされるってね。

お前のその態度こそ、牧野は何て言うかな、、


俺はお前とは違う。

牧野は俺を殴るなんてことはしない。



それだけ俺達は通じ合っている。







↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

類目線。
短くまとめたいけど、ダメでした。
ここはちゃちゃっと進めたいので、5分後に続きを投稿します。
関連記事
スポンサーサイト
スッピン cm(0) tb(0)
Comment
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/220-168e8aec
| |