甘さとスッぱさと ... スッピン25
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< スッピン26 main スッピン24 >>
スッピン25
2017-01-14-Sat
5分前にスッピン24を投稿してます。
未だの方はそちらを読んでからどうぞ。





道明寺邸に向かう車内スマホに着信が入る。

仕事とプライベートの携帯は分けていた。

このスマホはプライベート用だ。

静かな車内、例えバイブにしても音は漏れる。

だが俺は取らなかった。

このまま仕事に戻ったところで、冷静な判断など出来ない。

俺なりに優先順位を付けて行動しているつもりだった。




久しぶりの道明寺邸。

邸の中の雰囲気は落ち着いていた。

司だけならばこうはならない。

牧野はすでにここに馴染んでいるのか?

そう考えるとまた苛ついてくる。



応接室で待っていると牧野が現れた。

ふふ、、

あんたこの邸でその格好なの?

シャツにボトム。

シンプル過ぎだよ。

まぁ、こっちに嫁いだからといって派手になるあんたじゃないか。



俺は牧野の2人で話がしたかった。

なのに邪魔なのが2人。

司だろうと思ったら牧野、あんただって?

つい感情的になってしまう。

そりゃそうだ、今日は、、いや司と牧野が再会してから俺はずっと苛ついているからな、、


驚く牧野。

ごめん。

あんたにそんな風に当たるつもりは無かったんだ。

チラッと牧野を見る。

強張らせてしまった。

なんとか解さないと。

俺にはあんたの気持ちが理解出来る。

俺はあんたの味方だ。

辛かったろ、、

司と別れて、、

いくら道明寺内のイザコザに巻き込まれないためとはいえさ、、

だから良かったな。

ようやく幸せになれるな牧野。



ん?どうした?

牧野は顔を曇らせている。

そうか司の政略結婚だな。

あんたならそう思うだろうって分かってるよ。

でもさ、司を許しなよ。

あいつだって必死だったんだ。



クク、、

なんだ司、やっぱり牧野にちゃんと話してないじゃん。

分かったつもりでいるなんてお前もまだまだだね。

ふー

また、ごめんとありがとうを聞くみたいだ。

まぁ、いいさ。

聞き飽きたその台詞、久々だから聞いてみたいね。


そんな中またスマホが鳴る。

本当にしつこいな。

ククッ、、

でももういいよ。

出てやるよ。





それから俺は機嫌良く道明寺邸を後にした。

牧野にまた会おうと約束して。


でも牧野は司がNYに連れて行ってしまった。



ふー、、ん。

クス。

余裕無いね司。

まぁ、披露宴をこっちでするって言うんだ。

すぐに戻ってくるだろう。

それにNYには司の母親もいるはずだ。

報告もあるんだろうね。

でも報告以外はちゃんと出来ているの?

今度こそ牧野を泣かせたらお前のところへは戻さないよ。

って、そんな牧野じゃないか。

きっとまた戦うんだろうね。鉄の女相手に。

まぁ、そうなっても大丈夫だよ、牧野。

俺がいるから。

いつでも頭を撫でてあげる。






俺はNYに行った司と牧野を穏やかに待っていた。

1週間くらいで戻ってくるとは思っていた。

でも戻ってきても司のあの様子では帰国を知らせないだろう。

子どもじみた嫉妬心。

本当に司らしい。




そんな中週刊誌での報道。

あきらのパーティに司が女を連れて行った。

これって牧野?

ずいぶん奇抜だな。

全然牧野らしくない。

はっきり言って似合ってないよ。

まぁ司の考えることだ、牧野の気を反らすためだろう。

こういう場を牧野は好まないからな。

でも逆効果なんじゃない?

余計に目立つよ。



記事では結婚披露宴の招待状を手渡したようと書かれている。

ああ、これね。


デスクには会社宛に送られた道明寺副社長の結婚披露宴招待状。

会社宛ってことは夫婦で参加しろと言うことか、司?

俺が連れてこないとでも思った?


まぁそれも面白いかな。

でもせっかくの披露宴だ。

名ばかりの妻でも戸籍に載せているんだ。連れていかなきゃ牧野の表情を曇らせてしまう。

そこは割り切れるよ。



そしてまた記事の写真を見た。

これ服を着ているけど着てないようにも見えるな。

クク、、

司、牧野に殴られたんじゃないの?

案外牧野には何も言わずに用意させ、そのまま会場入りしたのかもね。

司ならやりそうだ。

これだと牧野は逃げようがないしね。

考えたじゃん。

でも後で怒られるってパターンか。

牧野、愚痴聞いて欲しいんじゃない?




俺はスマホを手に取りLINEでメッセージを送信する。

2日後、会う約束を取り付けた。

2日後か、、

今日でも良いと思うけどな。

牧野は何もしてないだろ。

それとも司がまた何かさせてるのかな?



まぁ、良いや。

偶には俺と気晴らししようよ。

久しぶりにあんたの好きな甘いやつでも食いに行こうか。

あんたの事は俺が一番良く分かっているからさ。






↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

類視点その③です。
類はかなり都合の良い解釈をしています。
これを読むと馬鹿な類って思いますよね。

でも、この類私の身近だった人を少しモデルにしています。
原作者がどういう想いで設定したか分からないけど、私の考える背景とかなり被るんです。
私の考える類の背景については後で記述しようと思ってますが、ネタバレにもなるので今は伏せますね。

次はいよいよつくしとのバトルです。
上手く、、書けるかなぁ?
ちなみに2・3度書き直してます。
関連記事
スポンサーサイト
スッピン cm(3) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/221-4847550e
| |