甘さとスッぱさと ... スッピン27までのあとがき
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< スッピン28 main スッピン27 >>
スッピン27までのあとがき
2017-01-15-Sun
2日立て続けに投稿しました。

類とのバトルは作者にとっても気持ち良いモノではありません。ですがお話の伏線にはなります。なのでちゃっちゃと終わらせたかったんです。

なのでこれにて類とのバトルはお終いです。

えーっと言わないで下さい。これがメインの話ではないです。

ネタバレになりますが、この先類はあまり出てきません。

つくしが決死で突き放したように、類とは距離が出来ます。

類が突き放しを拒み、、というのは無しと考えてます。

それは類の賢さとプライドのため。

なぜこうなったか考えると思ってます。

そしてその答えを出すのに時間を要すると。

作者の希望的未来ですが、類は人を信じれるようになります。

時間はかかっても信じれる人を見つけ、つくしと司の意思に気付きます。

でもそれだといつになるのって話ですが、とりあえずスッピンの後です。

なのでここは軽くパスです。

類とのバトルはこれにて終了。

この話はつかつくなので話を元の流れに戻したいと思います。




それとはもう一つこれまでの類についての背景を書いていきます。

このお話の類にはモデルがいると言いました。



それは私の後輩です。

女子ではありますが、彼女との事は私にとって苦いモノでした。

彼女は一年下の後輩でした。彼女とは女同士仲良く仕事をしていました。

ですが私は彼女を上手く指導できませんでした。

苦難を見守るのではなく世話を焼いてしまい、彼女は完全に私の影に隠れました。

私は彼女に甘える癖を持たせてしまった。

それが私の苦い経験です。

彼女は私の産休中に退職しました。私の不在を妊娠中もずっと口にしてました。
(同僚とのトラブルという背景もありました)

彼女とは今は交流がありません。持たない方が良いと思ってます。

同業者なので職場は違えど話は聞こえてきます。ですが悪い話はありません。

私と離れた事で彼女にはプラスになったと考えてます。
(自己満足かもしれないけど)





これのどこが類?と思いますよね。

甘えと表現しましたが、要は私の後輩は私に依存してました。



類は静に依存してたと考えたのです。


父親からの厳し過ぎる躾で自分の殻に閉じこもった類。

そんな類を静は手を差し伸べ立たせます。

幼い頃の話だと原作にありますが、これは恋ですか?

私には依存に思えてなりませんでした。

そう考えた時、静は苦しかっただろうなと思いました。

依存される人はそれを受け止めるキャパシティが無ければ苦しいです。

私は未熟でも大人でした。

静は子どもですよ。しかも思春期前!

他の二次の作家さんのコメント返に静を嫌っている人が多いというのを読んだことがあります。

類を振った、もしくは見捨てたと考えれば酷いなと思うのも当然だと思います。

ですが逃げたのなら?

私は逃げることは悪い事と思いません。

奇しくも最近そんな題名のドラマが流行りましたね。

苦しいことから逃げるのは選択としてありだと思います。

原作者様がどんな思いでこの設定にしたかは分かりません。

でも私はそう解釈しました。



そしてその後の類の事も。

思春期を迎えた静に距離を置かれる類。でもそれなりに落ち着いてます。
(無関心ですけど)



それは司の存在です。

類は荒れゆく司を見て自分を留めていると思いました。

司を鏡の様に見ていたのではないのかと。


そんな中司はつくしに恋をして変わります。

司の荒廃した心を変えたつくし。

司を鏡の様に見ていたならば、類がつくしに興味を持つのも当然です。類自身変わりたいという気持ちがあったなら。


ですから類のつくしへの想いは単純な恋心とは違うと私は思いました。



司と付き合っても良い。つくしの笑顔さえ見れたらそれで良いというのは、それが笑っている司という鏡を見ることで類は心のバランスを取っているんだと思えたんです。


でもこの「素肌にシャツを着て」という話ではつくしと司は別れてしまいます。

司に取っては前向きな別れ。つくしを取り戻す別れでした。つくしもそんな司を理解して別れを決めます。

でも類は?

そう考えた時、類はその司という鏡を認識してなかったんだろうなと思ったんです。

大学時代、おそらく類はつくしにべったりなはずです。つくしの世話を買って出ることで満足感を得ます。

つくしへは恋心もありますが、それは司が好きになったという信頼の元です。他人への無関心が解消された訳ではありません。

なので卒業してもどうせ稼業を継ぐのだと諦めの意欲しかないんじゃないのかな。
(つくしとそんな話をしているかもしれませんが、話だけで意欲は維持できるかな?)

もしつくしと司が別れてなければ、類はもっと人に興味を持ったかもしれません。

2人の良いオーラを受けて、類自身良い影響を受けたかも。

でも2人が離れた事で類の時間が止まります。

気力の薄い類はひたすら司が動くのを待つでしょう。

そしてあの居心地の良い場所を求めるのです。

それが私の考えた類の背景です。



異論反論を持たれた方も多いでしょう。

でも、これを書いたのは私なりの意思の表れでもあります。



私はつかつく派です。

他のカップルの話は読めません。

それはリアリティを求める私だからですが、司がつくしの輝きを引き出しているのに、司以外とカップルってどうなのと納得できないからです。

まぁ二次小説というのは作者の妄想を形にした物。商業的な物ではありません。

そしてそれに高いレベルの文章構築を求めるのもどうかと思います。

だから他のカップルに対しては色々葛藤もありましたが、非難することはしないようにしてます。

でも不満は抱いてます。

それを作家様へのコメントで返すのではなく、自分も作品を公開しているのならそれで表現しようと思いました。

不満は他のカップルにもありますが、つかつく作家さんにもあります。

私は花男のメインキャラはみんな好きです。

でも類に然り、滋に然りと、なんか立場を悪くして話を作っているのにはウンザリします。噛ませ犬とか本当嫌です。

それにつくしと類がいつまでも近すぎる関係もおかしいと思ってました。

私は男女の恋愛も、男同士、女同士の友情も成り立っての話が好きです。

それこそハピエンと思ってます。

だけどそうじゃない話って多いんですよね。それで私はつかつくに出てくる類のキャラに嫌悪感すら持つようになりました。

ほっこりつかつくの話をされる作家様は類とかほぼ出て来ないですよね。それも同じ想いじゃないかななんて思ってます。
(単なる私の考えなのでそこは断言できませんが)


この記事で嫌な想いをされた方もいるでしょう。特に作家さん。でも非難している訳ではないです。ただ、私の不満を吐き出したかっただけです。

私の作品は独特と良く言われます。

いろいろごちゃごちゃ考えるからでしょうね。

この記事で幻滅したならばそう思っていて結構だと思います。

逆だってあることですから。


炎上覚悟で書いた私の想い。
それでもどうか悪く広がらないでと願います。それでも収集つかなければこの記事を削除します。それでもダメな時もあるのかな?


長々とすみません。
それではスッピンを続けます。
明日の投稿はもしかしたら無いかもしれません。これから少し落ち着いて考えるからです。




lemmmon


関連記事
スポンサーサイト
レッッモンの小話 cm(8) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。
いつも楽しく読ませていただいています!
読み逃げばかりでご挨拶もせず、すみませんでした。
lemmmon様のお話、独特な切り口で、とても面白いです。が、他の作家様のお話も同じくとても面白いです。私もつかつく派なので、読むのはつかつくばかり。たまに好奇心に負けて他カップルをつまみ食いすることもありますが(笑)、読めば、やっぱりつかつく!と再確認といった感じです。
lemmmon様のお考えはlemmmon様のもの。ここはlemmmon様のブログですので、すべてはlemmmon様の采配でいいと思います。読み手の私が偉そうに言うことではありませんが、私自身が面白いと思えない話は読まない様に、lemmmon様もご自身が面白いと思えるものを発信していく、そういう場であることは間違いないと思います。
ですが、この先は差し出がましいのは承知の上、失礼も承知の上で書かせていただきます。
読み手の私は自分が面白いと思える二次様にお邪魔して、日々楽しませていただいております。そうでないサイト様にはもちろんお伺いしませんし、自分の趣味と路線の変わってきたサイト様にお伺いしなくなることもあります。それは私の自由ですし、サイト様も私が好きなお話だけを書く必要もないですので、ある意味あるべき姿だと思います。
そして、私がサイト様にお伺いしない、またはしなくなる場合、私は黙ってフェードアウトします。私が意見するようなことではないし、それを言われたところでサイト様もお困りになると思います。先日、私が楽しませていただいているサイト様の作品にて、毛色が変わった、こんなのは〇〇さんのお話じゃない!やめて!などとコメントされている方が多数おられました。正直、そのコメントを端で目にするだけでも気分が悪かったです。はっきり申し上げるならば、読み手の好みに合わせているわけじゃない、書き手が描きたいものを書いているのを読み手はのぞかせてもらっているだけというのが私の考えです。
さて、lemmmon様のお考えですが、ここはlemmmon様の場所ですので、思うように書いていただいて、私も読み手としてこれからも楽しませていただきたいです。
が、他の作家様への不満を書いていらっしゃるのを目にするのは正直困ってしまいます。
もちろん、それがlemmmon様の考えであり、それ自体を否定するつもりは毛頭ございません。
lemmmon様のサイトなのだから、何を書いてもいいと言っておきながら何を…と思われてしまうかもしれません。
ですが、私もたくさん好きな二次サイト様がありますし、それらのサイト様のことを書かれるとついついこんな差し出がましいコメントをしてしまいます。
lemmmon様にも、他の作家様にも、そして私たち読み手にもそれぞれ感じ方、考え、趣味、思考がございます。それは自由です。ですが、それを文字にされるのは少し残念です。悲しい思いをされる方もいらっしゃるだろうし、納得する人もいればしない人もいるとおもいます。出来ることならお互いそういったことは胸に秘め、lemmmon様も仰っているように、作品にその思いを乗せて発信していただけると嬉しいなと思います。私には到底理解できない(笑)、つかつく以外のカップルを好きな方もたくさんいらっしゃいますが、それもまた自由ですので。
だから私は、他のカップルの話は読まずにつかつく話だけを選んで読んでいます。途中で気に入らない展開になれば黙って読むのをやめて、また新しいお話が始まるのをこっそりと待ちます。
そこは顔の見えないもの同士が繋がるインターネットの世界のマナーかなとも思うし、読み手としての最低限のマナーだと思っています。偉そうなことをたくさん申し上げてごめんなさい。
今回の類とのバトル、私的にはものすごく面白かったです!つかつく派であるがゆえ、類の存在にイライラさせられるとのも多いので、類がコテンパンにやられてすっきりしました(笑)
これからも独特なlemmmon様の世界が展開されることを楽しみにしております。
失礼もたくさん申し上げましたが、これからも足繁く通わせていただければとおもいます。
長々と失礼致しました。

みんな違ってみんないい by 金子みすゞ
二次世界の為にある様な言葉ですね〜
って、違うかな(*゚∀゚*)
私も、司君が貶められて類君が株を上げる様な話は、読んでてすごくイラってしますよ。
けど、私はそう言うお話も大好物です。
司君が凄くいい男なのも大好物だし、
他のカップルも大好物!
鬼畜犯罪者でも、バカップルでも、死別だろうが熟年夫婦だろうが、二股三股でも、ベタな展開でも、BL、その他諸々、何でも大好き!二次の世界を愛してる。
ある意味ゴキ○リの様な読者であります( ̄^ ̄)ゞへへへ。あはははwww(о´∀`о)
不快なコメント、申し訳ありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/224-d780a50e
| |