甘さとスッぱさと ... カカオ82%疲れる。
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< カカオ80%口説かれた。 main カカオ85%甘い誘惑 >>
カカオ82%疲れる。
2017-02-19-Sun
今年のバレンタインは2年振りに平日だった。

副社長は今日早朝会議があるため会社に泊まったようだ。

そのため夜明け前から出勤時間まで副社長の出社を待つ姿が見られたが、出社する社員が増えてくるにつれその姿は消えて行った。

エントランス内でも午前中に訪問客が増え始めるのが9時代半ばからか、つくしが出勤してきた時はさしもの混乱は見当たらなかった。


異変が起きたのは昼前になってからだった。


お昼を取るため社員がエントランスに降りて来る。

訪問客と社員でごった返えする中、困惑の表情をした社員がエントランスに戻って来た。

その姿にピンと来たつくし。
急いで彼の元へ駆け寄る。


「すいません。それどうかしたんですか?」

「あ、牧野主任。実はそこのコンビニで他社のOLに頼まれてしまって、困ってたんです。」

「副社長にですか?」

「はい。」

その彼が持っていたのは明らかにバレンタイン用のチョコレート。

つくしはGOD▽VAのロゴが嫌でも目に入ってしまった。


「それは受付課でお預かりします。」

「本当ですか。ありがとうございます。」

「いえ。」


つくしは新たな手に頭を悩ませた。

まさか社員にデリバリーさせるとは!

道明寺ホールディングスの社員は日本経済を支える中枢にいると言うのに、一体どこの馬鹿OLかと外の様子を見るためつくしはガラスに近づく。

すると、同じ手口のOLが居るではないか。


直ぐさまつくしはスマホを取り出し内線を掛けて後輩に指示を出す。


「副社長へのバレンタインチョコを社員にデリバリーさせてるわ。社内メールで勧告して。」

「分かりました。」


そしてその足でエントランスから外へ出て、まさに押し付けられている社員へ声をかける。


「受け取る必要は無いわ。さ、行きなさい。」


つくしの声に安堵の表情を浮かべる社員。

一方デリバリーを失敗したOLはつくしに食ってかかるが、つくしは毅然とした態度で対応する。

そしてしばらく社員にトラブルが飛び火してないかと会社の外を警戒していると、今度はカウンターから内線がかかって来た。


「もしもし。」

「牧野主任に外線です。」


そう言われたため、エントランス近くに戻るつくし。


「はい。牧野です。」

「・・・・$¥#〆○+€、、」

「何ですか?どちら様ですか?」

「ゴニョ、ゴニョ、、」

「?もう一度仰って下さい。」


中々通じない相手にふと前を見ると、ガラスに映っているあの馬鹿OLの姿が。

他の社員にターゲットを移して実行した様だ。

つくしが気付いた事に向こうも気付くと、走って逃げて行ってしまった。

つくしはため息をついてスマホを仕舞うと、その社員の側へ向かう。

どっちしろと自分に回収される羽目になるのに、この態度。良い大人がやっているとは思えなかった。


そんなつくしを見ていた警備員が、戻ってくる社員に声をかけると言ってきてくれたため、つくしはエントランスに戻った。




「警備員が戻りの社員に声かけしてくれるそうよ。こちらは何かあった?」

「いえ、ただ今日は訪問客に女性の連れが多い気がします。アポがありますので副社長にとの疑問もありますが、追求はしていません。」

「それはそうね。アポを取った部署で対応するでしょう。」

「それにしても多いですね。GOD▽VA。」

「そんなに珍しいのかしら。副社長の笑顔って。」


それはGOD▽VAのホームページに載った司のインタビューだった。バレンタインの前日に載ったにも関わらずSNS等で拡散し、話題を集めている。

チョコレートを食べた写真と柔らかい笑顔の写真が掲載されていた。

絶世の美男が魅せるその表情は恋人を想う姿を思わせ、その写真見たさにGOD▽VAのホームページは一時ダウンしたほどだ。


「当社以外の人達には珍しいかも知れませんね。」

「当社以外?じゃあ、うちでは見せてるの?」

「私達は結構見てます。」

「そうなの。」


さしてあまり興味がなさそうに話を打ち切るつくし。

つくしにはここを守るという使命があるため呑気にお喋りをしている暇など無かったのだ。


「さぁ、また新たな手で来るのかしら?」





***



その後はお昼時間も終わった事でエントランス内はいつもの雰囲気だった。


つくしも食事を取ろうと一旦その場を離れる事にした。


が、お腹が満たされて集中力が下がるのも良くないとつくしは同じ階にあるドリンクコーナーにやって来た。


そこはエレベーターから少し離れた所で、非常階段のすぐ近くだった。

エレベーターを利用する社員が多く行き交っている。


居合わせた社員はつくしの方へと目が向く。

実はつくし、社内でも有名だった。

受付課のゴタゴタは表立ってはいなかったが、知る人は知っていてそれを治めたつくしの能力はつくしの知らない所で高く評価されていた。

そんな中現れた受付課主任。

彼女は自動販売機の前に立ち、商品を購入した。


ガコン

ボタンの商品を知る者も、その商品を手に取るつくしを見た者も思わす目を開いてしまう。


つくしが購入したのは栄養ドリンク。しかも女性用ではなく徹夜明けなどの男性が購入する強力な奴だ。


ゴクッ、ゴクッ、ゴクッ、、

つくしの喉の男までは聞こえぬ筈だが、腰に手を当て一気に飲み干すつくしの姿に、その場にいた者達は、つくしの気合の入れようを知る。

評判通りのその姿に脱帽する顔すら見えた。




***


再びエントランスを見守るつくし。

スマホで時間を確認すると14時を過ぎていた。

次に襲来してくる敵を予測する。

昼間はOLだった。ならば今度は、、


エントランスの自動ドアが開いて、ビジネスの訪問客とは思えない出で立ちをした者達が入って来た。


思わず顔を歪めるつくし。


「どう言った御用件ですか?」

「あ、あの道明寺副社長、、司さんにバレンタインチョコレートをお渡ししたくて。」

「アポイントはお持ちですか?」

「いえ、、駄目ですか?」

「申し訳ありません。副社長は分単位で動いているものですから、面会をお断りするケースも多くございます。」

「それじゃあ、ここで待たせて下さい。」

「申し訳ありません。それは承知しかねます。」

「迷惑はかけません。お願いします。」


女子大生だろうか何だろうが、こんな格好でここに居座る事が迷惑以外の何物でもない事も知らないと見える。

それとも知っててやっているのか。どちらにしても早く引き取り願わねばとつくしが思っていると、、


「君達、いい加減にしろ。そこにいたら仕事の迷惑になる。」

「えっ。」


一人の男性社員が彼女達に注意をしてきた。

しかも彼だけではなく、


「就職活動する気があるならこんな事するとは思えないけどな。常識も知らないのか?」

「どこの大学なの?平日の一流企業にバレンタインチョコを持って来るって学生がいる事を報告しないと。」

「えっ、えっ、、」


すれ違いの社員に立ち止まられ、責められた彼女達は形勢が不利になると見るや、そそくさとエントランスを出て行った。

そんな彼女達の背中を見送り、立ち止まった社員に向き合うと、つくしは声をかけられた。


「お疲れさまです。牧野主任。」

「毎年大変ですね。まぁ、副社長があんなだからしょうがないかもしれないですけど。」

「だからってタフ○ンはやめた方が良いです。せめてオロナミンDにしましょう。」

「あ、、見てたの?」

「見てますよ。主任は有名人だから。」

「そうなの?」


顔も覚えてない社員に声をかけられ戸惑うつくし。

そんなつくしに頭を下げ社員達は立ち去って行った。


思わぬ助け舟に毒気を抜かれた形になるつくし。


カウンターに振り返ると後輩達が休め休めと身振り手振りで合図を送っている。


つくしはクスリと笑い、それに甘える事にした。




再びドリンクコーナーに向かおうとするも、タフ○ンを注意されたばかり。

それに甘い物が食べたいなと思えたつくしは、2階フロアーにある給湯室へと向かう。

そこのミニ冷蔵庫にはつくしの私物のプリンが入っていた。

業務後にと取って置いた物だったが、気分が良いので食する事にした。



狭い給湯室でひとりプリンを頬張るつくし。

至福の笑顔で頬も緩みっぱなしなつくしは給湯室を覗く存在に気付いてなかった。



カシャ


カメラのシャッター音に気付き、スプーンを加えたまま振り返るつくし。


カシャ


またシャッターが切られた。


そしてつくしは目の前で入り口を塞ぐ人物を目撃し、先日の事件を思い出す。


そこには今日つくしを奮闘させた渦中の人物が立っていた。



「仕事中に何食ってんだ、おめぇ。」


呆れた目で見られるつくし。

だが、司の目は呆れの中にも何故か妖しさが含まれているような気がした。


蛇に睨まれた蛙よろしく動けないつくし。



どうなる?





↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


訂正しました。

誤)オロナイン→正)オロナミン

軟膏飲んだら大変だ☆

作者、坊ちゃんに毒されまくってる~
と言い訳してみた。
関連記事
スポンサーサイト
バレンタインデー cm(4) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

え?元気ハツラツの方ですよと思いググって分かりました。

オロナミンCですね。

オロナインは確かに軟膏だ。

凄いミス!

やっちまったー
恥ずかしー
(//∇//)

訂正します。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/261-48853f16
| |