甘さとスッぱさと ... 素肌にシャツを着て34
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< 素肌にシャツを着て35 main 素肌にシャツを着て33 >>
素肌にシャツを着て34
2016-09-13-Tue
お盆休みに入り、つくしは自宅のマンションにいた。

つくしの住むマンションは、司所有のものだ。横浜に勤めることとなり、ひとり暮らしを始めようと思ったことも司には想定されてて、おめーここに住めと半ば強要されるように住まわされている。

もちろんちゃんと文句は言った。だか、司には馬耳東風の如く聞き入ってもらえず、ひとり相撲なケンカにつくしが折れた。

20畳のリビングに、部屋が5つあり、ひとつは自分の寝室だが、もうひとつは司の衣装部屋で、他は客間仕様にしているがほぼ使っていない。

最初はタワーマンションに住む自分に落ち着かなかったが、慣れとは恐ろしいもので今はあまり気にならなくなっていた。

つくしはお盆で両親のところへ帰らなかった。

仕事が忙しいと嘘をついたのだ。

両親や弟と久しぶりに会いたい気持ちもあったが、会えば司とのことを聞かれるだろう。そのことでどう答えてよいのかつくしは分からず、嘘をついてしまった。

家事を済ませてしまい、何をするでもなく、ただテレビをつけて眺めていた。

そんな時、着信が入る。桜子からだった。

「もしもし。」

***


マンションで暇にしているならばと、外で会うことになり、つくしはSPの川相に連絡を取ることにした。

と、そこで今日は川相が担当でないことを思い出した。

たまの休み、今日くらい送迎車を使わなくても良いだろうと、SPへの連絡を入れずつくしはマンションを出た。

***


お盆休みでいつもより人は少ないものの、久しぶりの駅の風景につくしは感慨更けた。

この喧騒の中が自分の居場所だったはずなのに・・

司と付き合うことが、SP付きの生活だと理解しているものの思わずにはいられなかった。

時間を見ようと携帯を取り出す。

ドンッ

「すみません。」

カッ、カラララー

つくしは打つかった拍子に携帯を落としてしまった。そして間の悪いことに、

バキッ

「あっ!」「うわっ!!」

走ってきた男の人にその携帯を踏まれてしまったのだ。

***


その人は気まずそうな顔をしていたが、どうやら急いでいるらしく、でもつくしに弁償しますと言ってきた。

自分の不注意で落としたりしたからなのだからと、つくしは弁償を断った。急いでいるんでしょうと、その人を促し、彼はすまなそうにペコペコ謝りながら電車へと乗っていった。

ホームの柱にもたれかかり、割れた携帯を開いてみた。

通話ボタンを押してもかかる気配がない。

どうやら完全にダメにしてしまったようだ。

「ふぅ。ついてないな。送迎してもらわなかったからかな。でも、(SPと)連絡取れないや。タマさんに掛ければ、どうにか連絡取れるかな?」

ガサゴソと鞄の中を探るが、

「あー、スケジュール帳置いてきた。通勤用の鞄の中だ。」

通勤ではないので、ついオシャレをしてしまい、鞄も服装に合わせてしまったのだ。

司は自分といる時以外でつくしがスカートを着るのを嫌がった。つくしは単なる嫉妬心だと思い、呆れながらも嬉しさが勝り言いつけを守っていた。

偶にはいいよねと、この時はスカートを着てオシャレしていたのだ。

桜子に会うということもある。自分を慕う桜子はつくしにもっと美を意識しろと煩く言ってくるのだ。

「あーなんだかなぁ。あたしのせいなのかな?そんな風に考えるの嫌になってきたな。・・・まっ、とりあえず待ち合わせの場所に行くか。桜子に会えばどうにかなるでしょ。」



↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



トラブルの予感〜
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

第ニ章言いたくなければ言わないで② cm(2) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

コメント待ってました〜
やっぱりコメントは嬉しいなぁ。
私って現金☆
この後のトラブルですが、他の方のコメントにもありましたが、私はリアリティな進め方をしています。
なのでトラブルも・・・です。
司への?は、つかつくカップルの話なので、そこは信じているのよ。
二人の強い気持ちが書いているつもりだけど、そこは私の文章の未熟さで伝わらないのかも。
(^◇^;)
すまにゃーい。
lemmmon
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/40-b41528ac
| |