甘さとスッぱさと ... 素肌にシャツを着て38
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< 素肌にシャツを着て39 main 素肌にシャツを着て37 >>
素肌にシャツを着て38
2016-09-15-Thu
「結婚って言わないからって、別れるだなんていきなり過ぎません?」

「だってあいつ好きだだの。惚れてるだの。愛してるだなんて恥ずかしげもなく言う奴だよ。結婚できない状況はともかくとして、待ってろなんても言わないんだ。」

「だからって結論をだすのは早いですよ。そもそも先輩は勝手に先走るじゃないですか。」

「そんなことないよ。むしろ、考えないようにもしてたよ。」

「先輩・・」

桜子は返す言葉がない。この二人がよもや別れることになろうとは考えてもいなかったのだ。

「お茶飲もう。」

それからは、その話を避けるようにつくしは話を続けた。

ブランドコラボバック付きの雑誌を買ったとか、やっぱもう一個買おうかな~とか話をするが、晴れない顔のままだ。

桜子も冷静になりたいと思い、早々に帰宅することにした。

「ね、桜子さっきの話さ、、滋さんや優紀には黙っててくれるかな?」

「・・良いですよ。でも、事後報告は無しです。」

分かった分かったと笑う顔は少し無理していた。

***


夜11時を回り、普段のつくしならとっくに就寝しているのだが、この日は部屋の照明を落としテレビをただ眺めていた。

玄関の方から音がした。

中からの解鍵も無しに入ってこれるのはひとりしかいない。

「まだ起きてたんか。」

「うん。」

司はキッチンに行き、サーバーからコップに水を取り、飲んでいる。

カタン

コップを置く音が響く。

ドカッと、司はつくしの横に座った。

「三条と話したか?」

「うん。」

沈黙が続く。拳を握りしめ司はどう切り出していいのかと模索していた。

「でも話さなくても、なんとなく分かってた。」

司はつくしを見る。

「あたし、あんたのことちゃんと見てる。あんたらしくない態度ばかり取られたら考えるよ。」

「そうかよ。」

つくしは大きく息をつく。

そして、笑顔で司を見た。

「言いたくないんでしょ。なら言わないで。あんたのそんな顔より、バカ笑いしてる顔がいいよ。」

「牧野・・・」

チュッ。つくしからキスをする。

「気合い入らないなら、また頭突きお見舞いしようか?」

ニヤっと、司のように口角を上げて笑おうとするがうまくいかないつくし。

「ぶっさいくな顔だな。」

「しょうがないでしょ。あんたの真似すると不細工になんのよ。」

「おめーにゃ高度なわけか?」

「そもそも女だし。」

関係ねーだろと司も笑う。

司がやっと笑ったことにつくしは安堵した。

「こういうときは、あんた何するんだっけ?」

「何って?」

「盛るんでしょ。野獣だもんね。」

「ああ、言ったな。」

前につくしが不安で泣きだした時、司はそう言ってつくしにハッパをかけた。

「あたしあんたの望むようにすればいいと思ってる。あんたがキスしたければキスするし、抱きしめたければ抱き合う。セックスしたくなったら、一緒に気持ち良くなろうよ。」

司はつくしを見た。

こいつは強いようで弱い。でも、こうと決めたら腹をくくる強さを持っている。

自分を信じている目をしている、、そう思えた。

「そうだな。じゃ、おめー俺に喰われろや。」

「それでこそ野獣だね。」

クスっとつくしは微笑み、二人は唇を重ねた。


↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

第ニ章言いたくなければ言わないで② cm(5) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

( ´ ▽ ` )ノ
ソウダネー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

いいえ。気分を害してなんかないですよ。
そうそうと特に言うことなかったけど、コメントを返したいなと思い、顔文字をラインスタンプのように送っただけです。
少しプライベートなことを書いてあるのも、身近に感じて私は嬉しいです。
コメントはいつも嬉しくて執筆のチカラになります。また、読みに来て下さいね。
追記
顔文字変えました。確かに起こった顔になってましたね。ゴメンね。
lemmmon

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/44-2d7cc265
| |