甘さとスッぱさと ... 素肌にシャツを着て39
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< 素肌にシャツを着て40 main 素肌にシャツを着て38 >>
素肌にシャツを着て39
2016-09-16-Fri
○○テレビ開局55周年のパーティが、メープルホテルで開かれていた。

そこに仏頂面した滋の姿があった。

大学を卒業し大河原財閥の勉強を本格的に始めた滋は、日本と海外を行き来しつい先日帰国したばかりだった。

そのため、司がパーティにつくし以外の女と参加していることを知らなかった。

「司のやつ何考えてんのよ。なんでつくしを連れてこないわけ?これじゃ、つくしの立場ってもんがないじゃない。」

滋は司に文句を言うつもりでいた。

そんな中最初に現れたのは、あきらだった。

「よう滋。なんか機嫌悪そーだな。」

「あきら君か、そりゃあね。司のことを聞いたのよ。なんでつくしを連れてないの?」

事情を知っているあきらはあぁと返すが、滋は気づかずプリプリモードだ。

そして、司が登場した。今夜もつくしじゃない女をエスコートしている。

「あんにゃろー」

「待て、滋!」

「離してよ!邪魔しないで。」

「アホか。おまえにも司にも立場っつーもんがあるだろ。来たばかりの司は周りを囲まれている。おまえが騒げば何言われっか想像できんだろ。」

「くぅー  じゃあきら君なんとかしてよ。私、司に文句の一つでも言ってやらなきゃ気がすまないんだから!」

分かったよとあきらになだめられ、滋はおとなしくその機会を待った。

パーティが進み、類も会場入りして、滋、あきら、類の三人は固まって話している。

あきらも仕事の挨拶があったのだが、滋の暴走を止めたい思惑からその場を動けずにいた。

ちなみに類は仕事はあるものの、やる気がイマイチ無いらしい。

「大体なんで、パートナー必須でもないのに別の女連れてくる訳?」

「さぁねー」

類は感心無さそうだ。

滋は類を睨む。あきらはそんな二人をひたすらなだめていた。

そんな中、司がエスコートしている女と共に三人のところへ近寄って来た。

司は三人に気づくが、あえて話かけようとしない。

しかし、女は別のようだ。F4の二人を紹介して欲しいらしく、話かけて来た。

「司さん、お友達ですわよね。紹介してくださるかしら。」

司は女を無視した。

女はそれに気づかず、組んだ腕をしな垂れるように絡みなおした。

それにムッとした滋が、

「先に名乗るのが礼儀じゃないの?」

これには女もムッとしたらしい。

「あなたこそ誰ですか?  F4の方々の近くにいるなんて太々しいですわ。」

「この二人が私のところへ来たのよ。私たちは学生からの友人なの。」

女は滋の顔を知らないようだ。滋の話を信じていない。

「彼女は大河原滋さんです。彼女の言う通り、僕たちは学生のときからの友人だ。」

あきらがにっこりと女に言うと、女は流石に大河原財閥は知っていて、バツが悪そうだ。

「そうでしたか。・・私は仁和尚子と申します。今日は司さんにエスコートのお誘いを受けきましたの。」

と、司からを強調してきた。

滋はギリギリと歯を食いしばり司を睨む。

そんな滋を見て尚子は、気分を良くしたのか更に滋を煽ることを言ってきた。

「司さんからパートナーを引き受けるお礼にと香水を頂いたの。会場入りする時に司さんのお気に入りの香りだということで付けてもらったわ。とても良い香りで、私すごく感激しましたの。」

尚子は鼻高々だ。反面滋の我慢は限界に近かった。

そんな様子を理解したのだろう、司は尚子を連れて離れて行った。

「何あれ?」

言葉を発したのは滋ではなく類だ。

「知らねー」

「司、一発いや百発殴らなきゃ気が済まない!」

木刀でも持ってこようかなと言う滋をあきらは止めとけ司にゃ当たらねーよともはやなだめる気は無いらしい。

「でも、話は聞かなきゃね。」

類は、司の秘書に目で合図し、パーティの後合流することを約束させた。



↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

第ニ章言いたくなければ言わないで② cm(4) tb(0)
Comment
 

滋ちゃんではないけど、ヤキモキ&イライラします。
あまりにつくしちゃんが可哀想すぎて、出来ればさささっとこの辺の話はそろそろ終わって頂きたい(T-T)
最初の辺の続きが気になるとこです。
司のはっきりさせないとこが、少し(控えめに言って)嫌いかも。
解放してほしい。つくしちゃんを。

Re:

m(__)m
すみません。
この辺りをささっと書けないのは私の文才の無さゆえです。
イライラさせてますよね。
つくしファンにはなおそうだと思います。
ただこの辺りはもう執筆終わってて、あさっての投稿になるかな。
イライラもう少しガマン下さい。
今再度テーラーつくしを執筆中です。
司の事情は小出しにして、クドクド書かないようにしますね。
公開コメントありがとうです。
あなたの勇気に拍手!
私のブログに来てくれてありがとう。
ちゃんとハピエンにします。
lemmmon

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは

おぉ(;゜0゜)
大先輩からのコメント!
恐縮っす。
何故か体育会系?!
ありがとうございます。
がんばるです。
( ̄(工) ̄)mグッ
lemmmon
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/48-cedd37eb
| |