甘さとスッぱさと ... 素肌にシャツを着て44
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< すみません main 素肌にシャツを着て43 >>
素肌にシャツを着て44
2016-09-18-Sun
次の日つくしはマンションにいた。

会社を休んだのだ。

生理で体調不良と嘘をついた。

秘書課の先輩は、重いようなら数日休んだらどうかと言ってきた。

生理休暇は原則1日だ。

ありがとうございますと返し、数日休むことにした。

***


「留守番電話サービスにお繋ぎします。発信音の後にメッセージをどうぞ。・・・ピーー」

「道明寺?あたし。後で来て。時間は何時でもいいから。」

携帯を切り、ソファにうずくまる。

つくしは自分の立ち位置を理解した。

一緒にいるべきではない。

でも、司の気持ちは無視しない。

ただ、それだけは強い信念としてあった。

同じ過ちで一番大切な人を二度と傷つけたくなかった。

自分が傷つくことは考えないようにした。

***


昼前、11時半になるころ司がやって来た。
その姿を見てもつくしは大きな反応をしなかった。

「早いね。」

「おう。急な会食を入れたからな。」

「会食?」

「飯の時間だろ?」

そっかとつくしの反応は弱い。

ドカッとつくしの横に腰かける。

司はつくしを見ていた。

「あたし、横浜で噂になってるみたい。」

司は黙っている。

「英徳出身の社員がいて、F4につきまとう牧野つくしだろってさ。」

つくしは司を見た。

「あたし、あんたが大切なの。あんたのやりたいことを応援する。あたしのことは気にしないで。あたしは、、大丈夫だから。」

そういって微笑んだ。

司はたまらなくなりつくしを抱きしめた。

強く強く。

でも何も言わない。

つくしは言いたくないのだと理解した。

「もうすぐ10月だね。一年って早いなぁ。」

つくしはひとり言のように呟く。

「クリスマス、あたしの誕生日、お正月、そしてあんたの誕生日・・  一緒にいたいな。」

「ああ。」

つくしは涙を堪えていた。泣いてしまってはダメだと思った。でも、

「俺のほうがいてえ。」

司の声に、自分が泣くべきだと思った。

ひっく、ひっく、ひっく、、

「あ、あたし、何言われてもがんばる。あんたの誕生日、一緒にいる。ひっく、だから、だから、、」

その後の言葉は続けられなかった。

だから司の背中に思いっきりしがみつき泣いた。

「ううー、、うー」


*****


それから数十分二人は抱き合っていたが、
司からつくしを離した。

そしてつくしの涙を拭い、

司は瞼にキスをした。

司の頬には涙の跡があった。

スッと立ち上がり、帽子を目深に被る。

司は作業員のような出で立ちだった。

つくしのところへ来たことを隠したいのだろう。

思えば、今までもそんな行動と捉えられるところがあった。

帰国直後のワゴンでの拉致。

バイクでの美作家の別荘。

キャンピングカーでの都内脱出。

つくしに会いたいけど知られたくない。

つくしは司の意図を理解した。

そして苦悩を。

自分を一番に想ってくれる男。

自分を傷つけることを許さない男。

あたしを傷つける自分のことをどう思っているのだろう。

身を削る想いに違いない。

つくしは自分の会社での視線など小さいものに思えてきた。

「負けない。あいつのために出来ることをやるのよ。あたしは負けない。だって、あたしは雑草のつくしだもの。」


*******


月日は流れ、

翌年の2月。


つくしは会社に辞表を提出し、


そして、

司に別れを切り出した。


↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

第ニ章言いたくなければ言わないで② cm(6) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

おはようございます。
コメントありがとう〜
私も感情移入しました。
自分で書いて泣く。
阿保だなぁなんて思いながら書きました。
でもつくしの気持ちは書けたかな。
司への強い気持ちを。
だからつくしは他の人にも気持ちが傾かなかったのですよ。
強烈な恋の後どうなるのかは人それぞれだけど、
つくしは誰かに依存なんてしないと思いました。
ケンカ別れ嫌いになった訳じゃないんだから尚更ですよね。
只今続きを執筆中です。
lemmmon

Re:

おはよう〜
コメントありがとう(*^o^*)
やっと別れまで書けたよぉ。
でも旅立ちとしてもう1話あるんだけどね。
なんか司側の気持ち?葛藤を書きたくてね。
その話でも書きながら泣いた私。
つくつか阿保丸出しです。
これから再会しますが、焦ったくなるのかな?
まだ私にも分かりません。
話の大筋は決まってるのですが、焦れるか焦れないかは展開次第ですよね。
焦れ焦れ神が降りてこないことを祈ります。
lemmmon

Re: No title

コメントありがとうございます。
お話気に入ってもらえて嬉しいです。
またのご来店お待ちしてま〜す。
突然の閉店だけはせぬようがんばってます。
定休日はないんだけど、商品が底につきつつあって、補充をせっせとしてます。
( o`ω´)oファイトいっぱーーーつ☆
lemmmon
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/53-48ced0fd
| |