甘さとスッぱさと ... 素肌にシャツを着て73
プロフィール

lemmmon

Author:lemmmon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

<< 素肌にシャツを着て74 main 素肌にシャツを着て72 >>
素肌にシャツを着て73
2016-10-03-Mon
それからのつくし含めTSUGe一同は忙しく活気があった。

オーダーワイシャツは客のニーズに合わせ価格を何段階かに設定し、納期も価格に合わせて変えていった。高ければ早いではなく、高ければ遅い。逆に安くすると早く納品にしたのだ。

また客のオーダーの声にアンテナを立て、何を求めているかを集めた結果意外な要望が出た。

男性用のブラジャーだ。テレビでも取り扱われ興味を持っている者の多さに皆驚いた。

しかし、ブラジャーそのものには抵抗があるのも事実でそこは女性同様肌着にその機能を持たせてはという意見と、ブラジャーに興味はあるものの知られたくないという意見があった。これにはオーダーワイシャツで知られないように配慮する機能を持たせたのだ。

とはいえ、街の一紳士服屋であるTSUGeにそこまでの商品開発は難しい。そこで提携する企業を探すことにした。肌着の方は下着メーカーを最初はピックアップしようとしたが、スポーツメーカーに強いパイプを持っている顧客がいることを菜々子が指摘し話を持ちかけたところ、あれよあれよという間に話が進んでいった。

ちなみにこの顧客というのはつくしにワイシャツを作らせてばかりいたあの問題客だ。そのことは菜々子と提携話に奮走する佳乃、主任の桜庭しか知らない。

つくしはこの男性用ブラジャーについては全く役に立たず(男性心理を読み切れない)、早々に戦力外通告を受けた。

しかしつくしはムクれて無かった。桜庭の勧めたオーダースーツに取り掛かっていたからだ。桜庭の読み通り顧客は直ぐについた。

つくしは顧客のターゲットを絞ったことがその成果だと思っている。顧客のターゲットは50代や60代のシニア層だ。30歳だが童顔のつくしは孫のような目で見てもらえるということが理由だ。つくしは幼く見られることに不満顔を見せたか、経験値で言えばそうだろと言われ納得せざるを得なかった。(しかし本当の理由はつくしに若い客をつかせないためだ。誰かの要求があったらしい・・)

***


司の離婚から一年が経とうとしていた。

オーダースーツを始めたため、つくしの毎日は他の事を考えない程充実していた。

そのため恋人達のクリスマスも(あたし達は恋人じゃない)、

自分の誕生日も(30過ぎれば嬉しくない)、

司の誕生日も(会いに来ないやつに贈るものなんてないわ)、

バレンタインも(去年のことは反省しなくては・・何が乙女だ。いい歳して)、

完全にスルーだ。

司が何も言ってこないのは嵐の前の静けさのような気がするが、来たら来たで受けて立つ気持ちになっていた。

なんで一年以上会いに来ないのよ!文句を言いたいのはこっちだってーの!!

***

「いかがでしょうか?」

「うん。着心地は良いよ。前回のヤツより良くなってる。」

そう評価するのはワイシャツからつくしの顧客になっている藤岡だ。これで2回目のスーツオーダーとなる。

「本当ですか。良かったぁ。」

「スーツを作ってもう4ヶ月だろ?僕以外からもオーダーされているだろうし、良くなって当然さ。」

つくしは月に1・2着のペースでスーツを作っていた。

「そうですか?自分では自信がなくて。藤岡様の前回のスーツも本当にお会計するのが申し訳なかったくらいで。」

「まぁ、君の自信の無さはスーツにも現れていたな。でもまだ綺麗だよ。妻も君の処女作とあって、ブラッシングなんてやってる。他のスーツはやらないくせにね。こないだなんて街で歩いててね。妻が私を押したんだ。何だと思ったら歩きタバコをしている人とすれ違うところだったんだ。でもぶつかる距離じゃないんだよ。僕にもこれくら優しくして欲しいもんだよ。」

藤岡夫妻のお惚気を聞くことになるつくし。この2人のことは好きなので嫌ではないが、、

「おっと、話がそれてしまったね。すまない。」

「いいえ。」

「ところで、また営業してみないかい?」

藤岡の営業と言えば、、

「ワイシャツは今はやっていないんです。あ、TSUGeではやってますけど。」

「うん知ってるよ。そうじゃないんだ。君に会いたがっている人がいてね。紹介して欲しいそうなんだ。君も知っているそうだよ。だから紹介ってのも変な話なんだけどね。」

それだけでつくしには誰のことだか分かってしまった。



↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


男性用ブラジャーをサラリーマンがつけているとテレビで見て使ってみました。実際はどうなんでしょうね。私のところは田舎なのでそんな人いないと思うんですが、案外身近にいたりして。
関連記事
スポンサーサイト
第四章シャツが結んだモノ cm(2) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

コメントどもです。
ほーお、結構いるんですね。
付けた緊張感。なるほど私も見たテレビでそう言っていたの思い出しました。
しかしそれでは私のお話のブラに抵抗からのスポーツメーカーとの提携が成り立たないなー
うーん。ま、それは妄想ベースということで流して下さい。
あっちなみに私もブラ嫌いです。
・・・いろいろ愚痴を共感してほしいのですが公開されるのでやめときます。
lemmmon
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://lemmmon.blog.fc2.com/tb.php/83-d716afb1
| |